京都大谷高校野球部OB会/大谷高等学校野球部   

 トップページ >> OB会の歴史


ニュース
会長あいさつ
監督あいさつ
OB会の歴史
OB会組織図
協賛・リンク
500歳野球・チャリティゴルフ
梅谷会
100周年記念式典
TOP PAGE
 

〜 大谷高校野球部の歴史 〜

〜野球部創設から戦後まで〜

詳細な記録は残っていませんが、大谷高校野球部は明治30年頃には存在していたそうです。
大正12年に開催された桃山中との対戦が大谷高校野球部の試合記録として残る最古のもので、
この試合は8対2で大谷の勝利となっています。

大正から昭和初期の時代でも、
我が先輩たちのユニホームの胸を飾る『OTANI』の文字は今と変わりません。
大正15年には無安打・無得点試合を達成。
大正時代から戦前までベスト8が4回あります。

昭和5年頃には府下第2位の実力を誇ったといいます。
同時の清水校長先生自ら野球部の強化をはかり、早稲田大学野球部監督 飛田穂州氏を招き
指導をお願いしました。
その頃の選手には、後に巨人軍に入った青柴憲一氏がいらっしゃいます。

しかし、我が先輩たちは国家のため軍事教練などに励むこととなり、野球部は低迷期に入ります。
そして、太平洋戦争に突入し、多くの先輩達が今熊グラウンドから出兵することとなりました。

やがて、戦争が終わり、昭和23年新制『大谷高等学校』として発足するにあたり広小路亨先生が
校長に就任しました。
広小路校長は、のちに京都府高等学校野球連盟会長となり、野球部の発展にも多大な功績を
残してくれました。
戦後の第1戦では大谷野球が爆発し、6回コールドゲームで何と31点得点の記録が残っています。
あまり写真等の資料が残っていないのが残念です。

〜氷見・石原・中村監督時代〜

岡田高明投手を牽いて準決勝に進出するも敗退。のちに岡田先輩は南海ホークスで活躍されます。
岡田先輩は歴代2位となる一試合奪三振22個という京都野球史に残る記録を樹立しております。
昭和22秋季大会は準々決勝、夏の第29回選手権ベスト8に入りました。
昭和25年、26年も同じくベスト8まで進んでおります。
昭和30年秋、春季大会で準決勝まで進みましたが惜しくもベスト4止まり。夏選手権でもベスト8。

〜岡田監督時代(昭和35年〜41年)〜

昭和35年頃から頭角を現す。
昭和35年選手権大会でベスト8。
そして、昭和38年秋季大会で京都商業を破り初優勝。渡辺、佐々木投手、田中捕手。
昭和39年秋季大会ベスト8。春季大会準決勝。夏季選手権では準決勝で平安に敗れる。
昭和40年秋季大会またも京都商業を破り2年ぶり優勝。
昭和40年第37回選抜高等学校野球大会(甲子園)に出場。
西村、足立名コンビで甲子園の土を踏む。
惜しくも、2回戦でスクイズを決められサヨナラ負けを喫する。

昭和40年春季大会は決勝で平安に4対2で破れ、準優勝。

〜梅谷監督時代(昭和42年〜51年)〜

昭和42年春季、秋季ベスト4。
昭和43年の春季大会には決勝で平安に敗れ準優勝。
昭和44年秋季大会も平安に破れベスト4で敗退。春季大会ベスト8。選手権もベスト8。
昭和45年春季大会準優勝、夏季選手権準々決勝など。
昭和46年秋季大会決勝で又も宿敵平安に破れ、準優勝する。春季は準々決勝で敗退。
昭和47年は秋、春季大会は準決勝で敗退。
昭和48年は秋季が準々決勝。春季大会で準決勝で敗れる。
日米親善野球大会近畿選抜校に選出。ハワイ選抜チームと対戦するが7対7の引き分けに終わる。
京都大会では常にベスト4に名を連ねるもあと一歩で敗れる。
京都新聞や朝日新聞には『大谷優勝筆頭』の文字が載る。
昭和49年、部員による不祥事があり半年間対外試合謹慎処分される。
だが、解禁明けの夏季選手権で逆転勝ちで進みベスト8まで勝ち進みました。

〜石丸監督時代(昭和52年〜56年)〜

昭和51年からしばらくは大谷の低迷時代に入る。
昭和52年春季に準々決勝進む。
昭和56年夏季選手権準々決勝で敗退する。
厳しい練習をこなすものの結果に現れない日々で、石丸監督も大変苦労をされた時期です。

〜梅谷監督時代(昭和57年〜61年)〜

昭和57年に再度監督に就任しました。
久しぶりの夏季選手権大会で準々決勝に進むことが出来ました。
昭和59年春季もベスト8と頑張ってくれ、苦労した石丸監督時代の種が目を出し始めました。
そして、昭和59年夏季選手権大会は決勝まで進み、打撃戦の末逆転負けで準優勝に終わりました。
昭和59年第66回夏季選手権準優勝する。
昭和60年秋季大会にて優勝。第67回夏季選手権では惜しくも準決勝で敗れる。

〜椹木監督時代(昭和62年〜平成14年)〜

永年岐阜南高校監督を退任して母校の監督に就任する。
平成2年夏季選手権大会で準決勝まで進む。
平成3年夏季選手権大会で準々決勝まで進む。
平成6年第76回夏季選手権大会で準優勝する。
平成7年秋季大会準決勝ベスト4に入る。
平成9年春季大会で準優勝する。
平成10、11年と準々決勝まで進むが優勝には見放される。
平成12年第82回夏季選手権大会で又も決勝で敗れ、準優勝で終わる。
平成14年春季大会で準優勝する。

〜長瀬監督時代(平成15年〜現在)〜

現在低迷しておりますが、大谷の歴史に恥じぬよう一生懸命に頑張っていただいています。

〜終戦後の成績〜

優勝:  3回 〜数多くの選手をプロ野球界に送りました。
準優勝:10回 〜学生野球界、政済界でも沢山のOBが活躍しています。
ベスト4:14回
ベスト8:22回

〜 大谷高等学校の略歴 〜

 

明治8年(1875年)

東本願寺によって下京区内に京都府下小教校として開校

 

明治26年(1893年)

小教校の名称を大谷尋常中学校と改称

 

明治27年(1894年)

東山区の現在地に学校を建設

 

昭和23年(1948年)

前年の学校教育法の成立を受け、新制大谷高等学校発足

京都大谷高校野球部OB会/大谷高等学校野球部