京都大谷高校野球部OB会/大谷高等学校野球部   

 トップページ >> 監督あいさつ


ニュース
会長あいさつ
監督あいさつ
OB会の歴史
OB会組織図
協賛・リンク
500歳野球・チャリティゴルフ
梅谷会
100周年記念式典
TOP PAGE
 
 
大谷高校野球部監督 足立兼敏

京都大谷高校硬式野球部監督 足立兼敏
平成25年秋より着任
(左は大谷高校校長 太田清史先生)

この度伝統ある母校大谷高校の野球部監督の大役を仰せつかりました

昭和41年卒業の足立兼敏です。

諸先輩方が築き上げられた110年の伝統ある大谷高校野球部監督の事の重大さを

痛感しております

引き受けた以上は復活大谷高校野球部を目指し、奮闘していく事が我が母校に対する

恩返しだと思っております。

高校と大学の違いは御座いますが、22年間大学野球の監督で培った経験を活かし

ながら、選手たちと共に感動と喜びのある大谷高校野球部を継承して行きます。

学生野球憲章にあるように、高校野球は教育の一環であり

社会に出て役に立つ人間形成が目標であり、甲子園に出ることが目標ではありません。

野球選手である前に道徳がわかる立派な高校生である事が大谷高校野球部の

伝統であり基本です。

そのことを重視に指導することで自ずと甲子園に近つけると思います。

入部して卒業時に大谷高校野球部でよかった。社会人になっても胸を張って

大谷高校野球部出身と言える立派な後輩を創り出すのが私のモットーです。

目標に向かって、学校、保護者会、OB会そして選手一丸となって近年の低迷を脱し、

古豪から強豪への変革を図ることです。

半世紀ぶりの甲子園をめざして、誠心誠意監督業に従事して参ります。

何卒、ご指導ご協力賜りますようお願い申し上げます。

大谷高校野球部監督 足立兼敏

足立監督着任後の指導風景

大谷高校野球部監督 足立兼敏大谷高校野球部監督 足立兼敏
大谷高校野球部監督 足立兼敏

〜足立兼敏(アダチ カネトシ)監督経歴〜

昭和40年 大谷高校野球部在籍、選抜高等学校大会出場

昭和41年 大谷高校卒業、龍谷大学文学部入学野球部に在籍

昭和46年 龍谷大学硬式野球部コーチ就任

昭和54年 龍谷大学硬式野球部監督就任

       京滋リーグ秋季リーグ戦優勝(監督初優勝)

昭和60年 関西六大学春季リーグ戦初優勝

       関西第二代表で全日本大学選手権出場

平成13年 龍谷大学硬式野球部監督退任

(龍谷大学硬式野球部監督在任中の成績)

優勝:京滋リーグ2回、関西六大学13回

全国大会・全日本大学選手権:8回、ベスト4:1回、ベスト8:2回

明治神宮大会:1回 ベスト4

監督在任期間:昭和54年春から平成12年秋まで 22年44シーズン

320名の野球部卒業生、 プロ野球界へ9名

大谷高校野球部監督 足立兼敏

京都大谷高校野球部OB会/大谷高等学校野球部